未分類

問題が起こる前に・・・

ノースブレインは他社や個人のクライアント様の案件を受託していますが、頻繁に思うのは「もっと早く言ってくれれば」ということです。進行中のプロジェクトの「途中」で声を掛けられるのですが、期限が短かったり、問題が発生していたり、そんな案件が目立ちます。プロジェクトの最初から、そのソフトウェアの作り始めから(設計から)参加させてほしかったなぁと思います。
まぁ、困っているから声を掛けてくれた、それで仕事が舞い込んだという考え方もできますが、でもやはり心情としては「最初から関わっていればこんなことにならなかったのに」と強く思うわけです。なんというか私個人の儲けとかより、もっと大きな意味で非効率だなと。作業してても無駄なことやらなければならない場面も生まれてくるので、そんな時は結構疲れます。

受託のページにも書いていますが、問題がこじれる前に…最もいいのは軽いアドバイザー契約を結んでいただくことと思っています。中途半端な状態で「進んでしまう」と結果的に非常に高いコストがかかってしまうので。

もちろんろくな宣伝もしていないノースブレインを見つけてくれる企業さん、それだけでも凄いことであり感謝していますし、「事前にご相談を」と言っても「そんなの無理だろ」というのは承知しています。別にクライアント様に文句を言っているのではないのです。非効率な作業に対して私の愚痴を吐露しているだけです。

斜に構えて受け身になっているより営業するべきなのかなぁ? などと思うこの頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です